読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙からランニングにハマった日記

禁煙→太る→ウォーキング→ランニング→ハーフ完走→初フルサブ4。次の目標はサブ3.5!

カウントダウンタイマー カウントダウンタイマー

195mの意味(新潟シティマラソン2016結果レポート)

新潟シティマラソン2016

前日夜の準備

2回目のフルマラソン

今回投入する新兵器は、

  • 乳首対策の100均ニプレス
  • マメ防止&雨対策のワセリン
  • 足攣り防止のMag-on

の、3点セットです。

 

そして最近は使ってなかったキネシオテープも準備しました。

 

f:id:gappara:20161010111407j:plain

 

ランナー膝も治ってますので、「気持ちの保険」のような位置づけです。

鮮やかな青色が気持ちもアガってきて、メンタル面での効果も期待できます。

【全16色】トワテック カラーキネシオロジーテープ KINESYS(キネシス) 5cm×5m 6巻【リニューアル】(ライトブルー)

 

 

思い返すと半年たっても使いきれてませんでした(笑)

gappara.hatenablog.com

 

前日夜は持ち物をカバンに詰めて、朝の着替えを準備して、気持ちは遠足前の小学生!お酒も飲めないので、21時にはお布団に入って「俺はやる!俺はできる!」と 呪文メンタルトレーニングをしながら眠りにつきました。

朝ごはんは4時半!

例によって2時過ぎに目が覚めてしまい、布団でゴロゴロしながら3時頃から録画してあるランスマを見て気持ちを上げていきました。

金さんの50代でサブ3!という拡大版がおススメです。すげぇなぁ・・と思いながら夜中に無意味にストレッチしてしまいました(笑)

 

朝ごはんはいつものうどん&おもちで、早起きしてくれた奥さんが作ってくれました。会場へも車で送ってくれて、いつも感謝してます!

f:id:gappara:20161010112644g:plain

 

もちはバター醤油で♪ うどんはいつもの2玉!

ツルツル飲まずに、よくカメカメ!

 

食事後に、ニプレス貼って、キネシオテープつけて、ワセリンはおなかを中心に塗りたくりました。

外は雨音が激しく、止む気配もありません。

とりあえずゴミ袋を利用した簡易カッパを準備していきました。

 

会場到着~スタートまで

予定通りスタート会場の新潟市陸上競技場に到着しました。あいにくの雨模様で併設の体育館は人でごった返しておりました。

f:id:gappara:20161010113721j:plain

 

外でのウォームアップは諦め、ちょいとストレッチにとどめておきました。足の裏のマッサージに加え、「Phiten ウォーミングアップジェル」を使って筋肉をほぐします。

ファイテン(phiten) ウォーミングアップジェル b 110g 1012EY171000

 

いやな香りもなく、これを塗るといよいよレース!という気持ちになります。

 

2回目のフルマラソンの目標

前回の柏崎潮風マラソンは、3時間56分で、ぎりサブ4。

gappara.hatenablog.com

 

柏崎では32キロ付近から続く1.4kmの激坂を歩いてしまった。

今回は歩かず走り切ることで3時間45分を目標としていました。キロ5’20”で行ければ達成する計算になります。不可能ではないはず!

 

スタート位置は陸連、A、B、C、Dブロックで、わたくしはCブロックスタート。おおむね半分くらいの位置取りからのスタートとなりました。

 

f:id:gappara:20161010115405j:plain

 

いつものようにQちゃんの 「がんばるぞ~~~!」 「おぉーーー!」

の掛け声で定刻通りのスタート!

 

レース結果はこんな感じ

f:id:gappara:20161010115912p:plain

結論としては、PB達成するも目標の3時間45分には届かず・・・(涙)

 

ペース記録はこんな感じです。

f:id:gappara:20161010115855j:plain

 

グラフを見ると一目瞭然なのですが、ほぼ予定通りだったのです。前半の巡行5’10”ペースで、給水は5キロ毎で20秒のロスの計算。グラフは若干凸凹してますが、ほぼほぼトレースできてます。

今までのレースで一番予定通りの会心のレース運び(苦笑)

 

なぜ3時間45分を切れなかったのか・・・?

振り返ってみます。

 

~10キロまで

昨年のスタート位置に比べるとだいぶ前のほうでしたので、いいペースでレースに入れました。特に追い越すことを意識せずに、周りのペースに合わせます。

萬代橋を渡るときの気持ちよさったら、ありません!

年に1回だけ走れるこの大通り。雨にもかかわらず沿道の応援の皆さんに、感謝感激雨あられです!

6キロ付近の県庁でのちびっこ応援軍団にも力をもらい、給水も難なくクリア。

人もばらけて来て、5’15”ペースまで出せるようになりました。

~20キロまで

10キロ前の給水時に早くもジェルを注入! エネルギー切れを起こさないように15キロくらいまでチビチビと摂取しました。

12キロを過ぎて海岸線に出ると、来ました向かい風!予報では7mほどで結構な強い風。海沿いコースでは雨脚も強くなってきたこともあり、応援の人もまばら。

一歩ずつ確実に進めて、平均して5’07”のラップを刻めました。向かい風で貯金ができたのは大きかった。

~30キロまで

20キロで折り返してからは追い風♡。すれ違うラン仲間さんと声を掛けつつ、5’10”を切るペースで順調なレース展開。

Mag-onも注入して足攣り対策も万全(のはずでした)

この辺りまで来ると、周りのランナーさんはほぼ同じようなペースの方です。いい走りをしている方を参考にしつつ、自分の身体の状態に耳を傾けます。

 

「まだ全然いける・・・このままいけばラスト2キロ、スパートできる」

 

と勘違いも甚だしい40代のおっさん。

 

25キロ付近で左足裏に違和感。

「マメっぽい・・・」

雨で靴も濡れているせいもあるかもしれない。

 

28キロ付近で両足ふくらはぎの外側に痛み。

「あれ?まだ30キロにもなってないのに・・・」

ここまでRunkeeperの音声案内では平均ペース5’13”ほど。

まだキロ7秒の貯金があります。3分30秒のアドバンス。

「大丈夫だ。まだ計算ができている。前回の柏崎潮風では引き算すらできなかった」

 

この冷静さが失敗のもとでした。

 

~40キロまで

31キロ付近の給水で封印していたカフェイン入りのジェル(PowerGel)を注入!

足全体の痛みをだましだまし、走り方を変えながら走り続けます。

 

ツライ・・・

 

5月の初フルマラソンを思い出しました。

そういや、あの時もこんな感覚で、早く終わってほしい、なんで俺走っているんだろう?とか、色々な想いが頭を巡っていた。

やっぱりフルマラソンはきつい・・・。

 

そこに救世主が。

そうです、Qちゃんこと高橋尚子さんです。

 

さすがマラソンを極めた方!フルで一番ツライところを熟知した絶妙な位置取り。

去年は遠慮がちに軽くハイタッチさせていただきましたが、今回は「Qちゃん、ありがとう!!」ときっちりハイタッチ!!

 

~ゴールまで

ラスト3キロになった頃、手元の時計やスマホのRunkeeperから目標ペースぎりぎりか、ちょっと遅れているのが確認できました。

記録は手元の時計よりもRunkeeperのほうが早い。Runkeeperを信じるならばいけそう。

30キロ以降はキロ5’35”に落ちていたペース。

残り3キロは給水時間ロスも含めてキロ5’22”まで上げました。今思えば最後の給水、しなくてもよかったかも・・・。

 

ゴール近くになるとラン仲間さんの声援も受けつつ、最後のトラックではダッシュできました。

フルマラソンほどの感動はなかったものの、足の痛みに耐えてラスト3キロをペースアップできてことに成長を感じました。

 

ゴール後

結果的に目標を達成できませんでしたが、エクセルにペース結果をまとめるとほぼ予定通り。

そうなんです。

予定表には42kmまでしか書いてなくて、あと195mの分、およそ1分が明暗を分けました。

 

前回、柏崎潮風マラソンを走った時の感想。

 

『マラソンってなんで40キロ過ぎて、2.195キロ残っているんですか?』
『なんで42キロ走って、あと195m走らせるのですか?』

柏崎潮風マラソン2016結果レポート(フルはやっぱり過酷でした) - 禁煙からランニングにハマった日記

 

まさにこの195mが、今回の敗因。

 

でも走り終わった後は、痛みから解放された爽快な気分!

f:id:gappara:20161010125426j:plain

 

青空も少し覗いていて、コンディションとしてはとても走りやすいレースでした。

ラン仲間さんもPB更新している人が多かった。感動の初フルをゴールした仲間にもエールをおくれました。

 

シティマラソン恒例のジャンボおにぎりをもらい、

f:id:gappara:20161010125645j:plain

 

振舞いもちもキッチリいただき、

f:id:gappara:20161010125718j:plain

 

体が冷えないように着替えてから、ラン仲間の応援に行きました。

 

2回目のフルマラソンを終えて

昨日の反省会はたっぷり美味しいお酒を飲みつつ、ランニング談義に花を咲かせました。新潟シティマラソンは新潟では一番大きな大会で、この日を目標に1年間準備を重ねるランナーさんも多い。「走ること」に対するその人の思いをいろいろと聞けて、楽しい酒席となりました。

 

それぞれのランナーに、それぞれのストーリー

マラソンって、ただ走るだけなんですが、その意味するところは深みがあります。

 

 

雨の中、大会関係者の皆さんや、沿道の皆さんからの応援にはとても力をもらいました。

 

ありがとうをこれからも

伝えるために、走り続けたいと強く思ったレースでした。