読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙からランニングにハマった日記

禁煙→太る→ウォーキング→ランニング→ハーフ完走→初フルサブ4。次の目標はサブ3.5!

カウントダウンタイマー カウントダウンタイマー

ごせん紅葉マラソン2016完走しました(微妙なハーフPB更新)

ごせん紅葉マラソン

結果はこちら

手動計測のグロスタイムで1時間44分15秒。初めてのレースだった新潟シティマラソンハーフから数字上は2分くらい短縮!(でも微妙・・・)

f:id:gappara:20161113182908p:plain

その時のタイムと比較してみると、微妙さ加減が際立ちます。

f:id:gappara:20161113183142j:plain

新潟シティマラソンは入りが7’52”。今回は6’15”。

新潟シティマラソンはネガティブスプリット。今回はポジティブスプリット。

15キロ~17キロのペースダウンもあり、複雑な心境のPB更新となりました。

 

でも、ま、いっか。

 

とても楽しかった、ごせん紅葉マラソンをレポートします!

 

見事な秋晴れ

天気予報どおり、朝からド快晴!

会場の五泉陸上競技場まで、およそ30キロのドライブです♪

 

まぶしい朝日と、(たぶん)白鳥の群れ。

f:id:gappara:20161113182425j:plain

おれ、写真うまくなったかも? いや、ただタイミングが良かっただけっす。

 

会場到着(紅葉がすばらしい)

7時半頃到着すると、気温は低め。アップがてら参加賞をもらいにテクテク歩いていってきました。会場の係の中学生が素晴らしく元気のいい挨拶で、朝からさわやかな気持ちになります。

f:id:gappara:20161113185437j:plain

紅葉もグラデーションがとても綺麗で、紅葉マラソンはぴったりなネーミングだと思いました!

 

今回は一緒に走っているラン仲間さんが6名も出場します。

2名は10キロ(ディフェンダー)、4名がハーフ(フォワード)という超攻撃的な布陣です。※フルはありません。

定員も2700名ほどですので、待ち合わせをしなくとも集まれた感じでした。

f:id:gappara:20161113203313j:plain

オープンセレモニーでは「快」の火文字。果たして快走となるかどうか?

 

ごせん紅葉マラソンの特長

初めてエントリーしましたが、ワタクシからみた特長3つ!

  1. 地域全体で盛り上げる素晴らしいホスピタリティ
    中学生のボランティアやハイタッチガール、地元中学校の校長vs教頭の仁義なき戦いなど、地域全体で楽しんでる感がすんごい出てます!
  2. 仮装ランナーが楽しい
    仮装率、非常に高いです。ハロウィンかと思わせるようなみんなで渡れば怖くない状態。走る紅葉マン&紅葉ウーマンも元気いっぱいです!
  3. すれ違いを楽しめるコース設定
    コースは3本の往復コースで構成されており、すれ違いで仲間とのハイタッチが3回楽しめます。もちろん仮装ランナーも3回も見ると覚えちゃえます。

今年で第8回目ですが、毎回改善が進んでるんだろうなぁと思わせる、いい大会でした。

コースはこんな感じです。

コース概要|第7回(2015年)ごせん紅葉マラソン-オフィシャルサイト | 新潟県五泉市

 

第1折り返しまで(~8キロ)

スタートは後ろのほうから。どちらかというと後ろのほうは、仮装ランナーさんの巣窟状態。みなさん、濃いです!濃すぎます!

f:id:gappara:20161113195108j:plain

わたしは今回初レースでハーフを走るラン仲間さんと並びました。自分の子供のほうが歳が近い感じの若者で、お互いにエールを送ってスタート!

競技場を出ても少し渋滞で、最初の1キロが6’15”/km。

しばらく行くと下り坂(つまり帰りは上り坂)。最後の20キロで上り坂はキツイだろうなぁと思いつつ、ペースアップしていっきにキロ4’30”へ。4キロくらいまではこのペースで気持ちよく走れました。

 

早速折り返してきたランナーが前からきて、「トップはえぇ~~」とすれ違いコースの利点を早速体験できました。驚いたのは上位20位くらいにも仮装ランナーが多かったこと。速さと仮装を兼ね備えたランナーさんが多かった。

 

そしてもっと驚いたのは、ラン仲間の女性ランナー(仮にあねごさんとします)。あねごさんはラン仲間の女性では一番早いのですが、これほど前を走っているとは思わずに、「あねご、すげぇっす」

 

第2折り返し(8~14km)

ずっとキロ4’45”くらいで、ちょっと息が上がってきました。ちょっとキツイ・・・。

8キロ過ぎるころ、やっとあねごさんに追いつきました。隣には、はじめ人間ギャートルズのような原始人風のランナーさん。仮装しててなんであんなに早いんだ。

キロ4’45”は自分にとってはオーバーペースですが、そのまま行けるところまで行くつもりで前に出ましたが・・・

 

即ペースダウンで、キロ4’55”が精いっぱい(笑)

 

ハイタッチガールズとのふれあいで元気をもらいつつも、暑さのせいで喉が渇く。この暑さ、仮装ランナーさんにはきつかったと思います。

給水はきっちり歩いて飲みますが、なんとかキロ5分は切るペースで刻んでいきます。

 

第3折り返し(14~20km)

14km付近からは微妙な登り坂。

あとでスプリットを確認すると、キロ5分オーバーを記録(悔しい)。

第3折り返しの給水でジェルを飲みました。

  • 手が滑って封を開けられない
  • 最初に水を取ってしまい、コップを持ちながらの作業でますます焦る
  • のどの変なところに入ってむせまくり


おぇおぇいう涙目のおじさん。人間疲れてくると普通のことができなくなることを学びました。

最後のすれ違いであねごさんがすぐ近くにいることに焦りを感じ、少しだけペースアップ。

でももう足が限界。

後ろから迫りくるあねご・・・。

最後の登り(~ゴール)

このコース設定、絶妙です。一番きついところで一番キツイ坂道。

でもそこには地元の応援の皆さんが。ものすごく力をもらえました。

時計を見つつ、ぎりぎりPBかなぁと思い、最後頑張りました!

 

走っているときの写真は一枚も取れないくらい、今の自分にはオーバーペースなレースとなりました。やっぱり練習不足。

せめてワイナイナに抜かれたときくらい、写真撮るべきだった(涙)

 

ゴール後

ゴール後は人間アーチっていうんでしょうか?両側にハイタッチをしながらお水を手渡され、中学生がシューズに着いたタグを外してくれました。

ホント申し訳ない! 疲れ切ったおじさんはされるがまま。

サービスの焼きもちをいただき、あったかい里芋汁(200円)がとてもおいしかった!

f:id:gappara:20161113204333j:plain

 

ちょっと七味かけすぎ。

f:id:gappara:20161113204355j:plain

 

 

チョキ✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂✂チョキ

 

レース後、ラン仲間さんと健闘を称えあっていると、

 

あねごさん「gapparaさん、禁煙からハマったって知ってる?」

 

ワタクシ 「は、はい?」

     「・・・あ、そうそう、オレオレ」

 

キョドるオレオレ詐欺

やばい、やばいよ! やばいよ~~っ!

レース中より心拍上がっていたと思います。

 

隣にいたラン仲間さん(仮に中山さん)も、

 

中山さん 「わたしも楽しく読んでる~♪」

 

ワタクシ 「は? はぁ・・」

 

中山さんはご家族でいらっしゃいましたが、奇しくも旦那さんがわたしと同じ会社の人だったことも判明(急所クリティカルHit!)

 

この気持ち、例えるなら、

  • 結婚式のビデオを人に見られる級の恥ずかしさ
  • 内視鏡検査をされたときの無抵抗なやるせなさ

に匹敵。

 

もうこのときは、PBの余韻なんてこれっぽっちもなく、これまで書いてきた記事が頭の中で走馬燈のように駆け巡り、焦りまくり。(NGワード:エリー、黒い納豆、モグラ)

 

(あねごさまへ)

本日のPBは、羊を追う犬のごとく後ろから良いペースで追い切っていただいたおかげです。「禁煙からハマった」はこっそり読んでいただけると幸いでございます。

 

(中山さまへ)

「禁煙からハマった」は個人でのみお楽しみください。万が一『トンネルモグラ』などという単語を会社で耳に挟んだら、ブログ閉鎖だーー(笑)

 

最後に本日の教訓

  • 新潟は狭い、ネット怖い
  • 飲み過ぎたハイテンションのとき、ブログ記事は書かない
  • 誰が読んでいるかわからないゆえ、知的で文化的な記事を心掛ける